大人気 AO Coolers(AOクーラー)の開封レビュー

AOクーラー

こんにちは!

hiroです。

キャンパーの中で人気が高い高性能ソフトクーラーボックス「AO Coolers(AO クーラー) 12パック」を購入したので開封後のレビューをしたいと思います。

目次

クーラーボックス?と思うようなデザイン

AOクーラー

今回、キャンバスの黒色を購入したのですが、一見クーラーボックスに見えないのが気に入っています。カメラバッグのようにも見えますね。

しかも、左右のバックルをはずすとトートバッグのような形にもなります。2WAYバッグのようですね。

AOクーラー

キャンバス生地はしっかりしていて多少荒い使い方をしても問題なさそうな点もキャンプやBBQなどのアウトドアにピッタリです。

黒を選んでしまったので、砂汚れは目立ってしまいます。水拭きで簡単にきれいにはなりますよ。

AO Coolers(AOクーラー)を細かく見てみよう

AOクーラーのファスナー

ファスナーはYKKのファスナーです。シンプルで味気無さも感じますが、YKKのファスナーだったら安心できますね。

ファスナーの穴にストラップ等を通して開けやすくしたり、他の人とカブってもわかりやすくするアレンジもいいかもしれません。

AOクーラーのベルト

個人的にAOクーラーで一番いいと感じたのはこの本体ハンドルとショルダーベルトにある「AO COOLERS」の文字の刺繍(?)です。

無地のベルトだと安っぽく感じてしまいますが、このロゴが入ったベルトによって高級感が増します。あくまで個人的な感想ですが。

AOクーラーのショルダーベルト

もしベルトが無地だったら、なんか物足りなく感じないですか?笑

AOクーラーの持ち手

ハンドル部の作りは、ちょっと安っぽいかな。ショルダーベルトを取り付ける金物も樹脂で出来ているのがちょっと安っぽくて残念な部分でもあります。

AOクーラーの中身

次は中身です。真っ白です。TPUライナーとタグに記載されていました。

5年ほど前に所有していたコールマンのソフトクーラーボックスの中身も同じ材質だったような記憶があります。

TPUライナーは環境にもやさしく、お手入れも簡単なのが売りのようです。濡れていても、多少の汚れでも拭けば綺麗になります。

TPUライナーは取り外しが出来ないので、ガシガシ洗うのは難しいかもしれません。お手入れ方法は、汚れや臭いが気になる場合は水で薄めた中性洗剤を布に含ませて拭き取り、真水で絞った布で洗剤をしっかり拭き取るようにと記載がありました。

容量について

AOクーラーに2Lペットボトル

AOクーラー12パックに2Lペットボトルを入れてみました。あと3本くらいは入りそうです。

2Lペットボトルがはみ出る

先ほどの2Lペットボトルを立ててみました。なんとトートバッグ形態にしても入りません。縦でも入るような設計にしてほしかったなと感じてしまいます。

2Lペットボトルは出来るだけ入れないことをお勧めします。

保冷力はよさそう

まだ1回しか使用しておらず、キャンプで使用していないので不明な点もありますが、評判が高いだけあって保冷力は良さそうです。

片道約1時間のコストコに買い物に行くときに使用しました。保冷材効果も衰えておらず、食材が一部凍りかけていました。(笑)

またキャンプ等で使用した時に再レビューしようと思っています。

まとめ

保冷力に期待できそうなソフトクーラーボックス、AO Coolers(AOクーラー)でした。

最初はソフトクーラーボックスなんてと思っていましたが、軽いし、不要な時に畳めることが出来るメリットを再確認出来て、購入して良かったと思っています。

下にリンクを貼りますので、よろしかったら1度商品を確認してみてください。

[正規取扱品]【AO Coolers】エーオーク—ラーズ 12パック キャンバス ソフトクーラー aoクーラー 保冷バッグ 大容量 クーラーボックス 大容量

AOクーラー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる