映画、アニメ、マンガ、ラノベを楽しむなら『U-NEXT』

BALMUDA?duux(デュクス)の1年中使える扇風機レビュー

duux 扇風機 レビュー

こんにちは!

hiro(@hiblonoblog2019)です。

扇風機使ってますか?

夏だけ使っていますか?

1年中使える扇風機があれば、しまう場所にも困らないし、コスパがイイと思いませんか?

1年中使える高機能な扇風機を買ったのでレビューします!

目次

結論

結論から言うと、今回購入した扇風機は

duux(デュクス)のWhisper Flex Touch(ウィスパーフレックスタッチ)通常モデルを購入しました!

2021年ベスト扇風機なのではないかと思えるくらい高機能でコスパがイイ扇風機なんです!

Whisper Flex Touchの良かった点は

  • 梱包に感動
  • デザインがシンプルでオシャレ
  • 3D首振機能で1年中使える
  • 室温センサーで風量調整してくれる
  • 高機能なのに安い!
  • 本体に収納がある

Whisper Flex Touchの気になる点は

  • BALMUDAのGreenFanに似ている
  • 電源コードが微妙
  • 扇風機本体での風量調整がやりづらい
  • リモコン取付位置がハンドル部分

詳しく解説してきます。

duux(デュクス)って?

duux(デュクス)と言うメーカー聞いたことありますか?

気になる人

duuxって聞いたことないけど、安心できるの?

日本ではマイナーだと思いますが、簡単に説明すると

duux(デュクス)とは
  • 1996年オランダ生まれのメーカー
  • 扇風機、加湿器、空気清浄機を作っている空調家電メーカー
  • 世界2,500以上の拠点を持つメーカー
  • 日本では、株式会社ツカモトコーポレーションが日本輸入総代理店

日本では馴染みがないメーカーですが、世界では多くの拠点を持っているので、他国では知られたメーカーなのかも。

空調家電に特化したメーカーで、空気清浄機など他の製品もデザインがイイので、オシャレな空調家電を探している人には候補にしてもらいたいです。

詳しくは、公式HPを参照してみてください。

hiro

ボク自身も扇風機買い替えで色々探していて、初めて知ったメーカーでした

基本スペック

 duux Whisper Flex Touchの基本スペック

サイズ幅33cm×奥行33cm×高さ88cm
(ショートサイズ時51cm)
重量4.3kg
風量26段階
羽根7枚
首振り角度左右3段階(30°、60°、90°)
上下2段階(45°、90°)
3D首振りができる
オフタイマー1〜12時間(1時間単位)
モード一定風、ナイト、自然風
電源コード長さ2.4m
モーターDCモーター
タッチパネル操作本体のみ
チャイルドロック◯あり
リモコン◯あり
室温センサー◯あり
アロマ◯あり
運転騒音約13〜50db
消費電力約2〜20W
1時間あたりの電気代約0.05円(風量1)
約0.5円(風量26)
本体材質ABS樹脂、PE樹脂
カラーバリエーションホワイト、グレー
(グレーは黒に近いダークグレー)
価格19,800円(税込)
注意点通常モデルとバッテリー対応モデルがある
Whisper Flex Touchのスペック

duux Whisper Flex Touchは、高機能、高性能です。

これだけの高機能で2万円切る扇風機って、他メーカー探してもありませんでした。

Whisper Flex Touchの良かった点

梱包に感動

Whisper Flex Touch 開封
収納袋がすごい!

箱からすべて出して並べました。

すべての収納袋に数字が入っているんです!

収納袋にまでこだわっているのかと思って感動しました。

hiro

商品関係ないけどね。

説明書の袋はチャック付き

説明書って、いつも透明なビニール袋に入っているだけじゃないですか?

ここまでの梱包している商品って見たことなかったので、テンション上がりました。

基本箱を残しておくボクからすると、日本の家電ブランドにも頑張ってほしい部分でもあります。

収納袋の数字は、説明書にもリンクしているので、組み立て時に優しい配慮にもなっています。

デザインがシンプルでオシャレ

duux Whisper Flex Touchは、シンプルなデザインで気に入りました。

duux Whisper Flex Touchの箱
フタを開ける

箱の中フタには、「Designed for better air.」と書いてます。

hiro

より良い空気のためにデザインしましたってことかな

デザインに対するこだわりを開封時にも感じれます。

Whisper Flex Touch 開封
収納袋から取り出す

どのパーツもシンプルです。

Whisper Flex Touch
Whisper Flex Touch

白を基調にしているデザインは、シンプルでオシャレです。

リモコン

リモコンもシンプルなデザインだけど、必要なボタンはすべてある。

リモコンにチャイルドロックボタンがあるのは、小さい子供がいる家庭では嬉しいですね。

3D首振りで1年中使える

Whisper Flex Touch
上90°まで首が振れる

Whisper Flex Touchは、3D首振りできます。

左右に30°、60°、90°の3段階、上下に45°、90°の2段階を選べます。

もちろん、左右のみ、上下のみの首振りもできます。

しかも、自動です!

上下は手動のメーカーもありますが、duuxは自動です。

首を手動で動かす必要はないんです。

3D首振りがあると、

  • エアコンの風を部屋全体に送って効率アップ
  • 上向きに風を送って、室内干しの生乾き防止
  • 空気清浄機に向かって空気を送って室内をキレイに
  • 外からの空気を部屋中に送って換気
  • 熱い夜に上向きに風を送って、直接風を浴びないようにする

いろんな使い方ができるから、1年中使える家電になります。

室温センサーで風量調整してくれる

室温センサーがある

Whisper Flex Touchには、室温センサーがあります。

室温センサーを設定すると、室温に合わせて自動で風量を調整してくれます。

  • 室温が設定温度より高いと、設定した風量で稼働
  • 室温が設定温度より低いと、設定した風量より低くなって稼働

寝る時に室温センサーを設定すると、夜中気温が低くなったら自動で風量が下がるので、寝冷え防止になります。

赤ちゃんや小さい子供がお昼寝しているときにもイイ機能ですね。

室温センサーには、注意点もあります。

室温センサーを設定したあと、風量変えるとリセットされてしまいます。

ちょっと不満を言うと、風量変えても室温センサー設定は維持したままにしてほしかった。

室温センサーの設定が10℃から始まるので、20℃を初期値にしてほしかった。

hiro

便利な機能だけど、毎回10℃から変更は手間です

高機能なのに安い!

ショートサイズ

19,800円(税込)って、控えめに言って安いです!

他のメーカーでは、最上位機種なら3万円代で販売している扇風機があるのに、duuxは2万円切ります。

3D首振り、室温センサー機能付きでこの価格では買えません。

本体に収納がある

本体ベース裏に収納場所があります。

アロマケース

付属品にアロマケースがあります。

アロマオイルを染み込ませて、本体の裏に取り付けるだけで、風と共にアロマの香りを送ってくれるアロマ好きには嬉しい機能です。

個人的には、イイと思っているのですが、家族は反対しているので、我が家では出番が無さそう。

収納できる

アロマケースをベース部の収納しておきます。

一緒にファンの前ガード締付け用のドライバーも入れておきます。

使わないパーツや工具って、どこかにしまっておく場所が必要になりますが、Whisper Flex Touchは必要ありません。

Whisper Flex Touchの気になる点

BALMUDAのGreenFanに似ている

購入するときから気にはなっていましたが、Whisper Flex Touchは、BALMUDAのGreenFanと似ているんです。

バルミューダは大好きな家電ブランドなので、パクリとか疑っているわけではありません!

しかし、Whisper Flex Touchを使い始めて、コストコ店舗で置いてあるBALMUDAのThe GreenFanを見たときに確信しました。

  • 質感そっくり(BALMUDAのほうがマット調で高級感ある)
  • ベース裏の作りがそっくり
  • 中間ポールの作りがそっくり

まるでどちらかがオマージュしたのかってくらい似ていました。

BALMUDAオリジナルの二重構造羽根は、さすがに一緒ではないです。

duuxは、シンプルな7枚羽根です。

シンプルでオシャレなBALMUDAのGreenFan、安くて高機能なduuxのWhisper Flex Touchで、ボクはduuxを選びました。

電源コードが微妙

Whisper Flex Touch
コードに注目してほしい

Whisper Flex Touchは、オシャレなのに残念な点があります。

ACアダプターのコードがクセが直りにくいコードだから、写真のようにくちゃくちゃしているんです。

配線が美しくないのは残念。

クセが自然と直っていくならいいんですが、この手のコードは直りません。

コードを隠せるような場所に置いたほうが良さそうです。

本体での風量調整がやりづらい

本体風量設定ボタン

Whisper Flex Touchは、26段階風量調整ができます。

正直、風量1段階の差が分からないくらいです(笑)。

本体には、風量設定ボタンが1つしかないんです。

タッチしつづけると風量が上がっていきます。

最大の26を超えるとまた、1からになります。

設定したい風量を超えると、ループしなくてはいけないのが不便です。

Whisper Flex Touchのリモコン

リモコンには、「+」と「ー」表記されていて、風量を上げるのも下げるのも簡単です。

リモコンから風量設定することをオススメします。

リモコン取付位置が持ち手

Whisper Flex Touchのリモコンは、本体に磁石で取り付けられます。

どこに取り付けられるかと言うと、本体の裏側です。

本体の裏側にリモコン取付れる

取り付けれた場所は、扇風機を持ち運ぶときに持つハンドルの上なんです。

持ち運びが多い人は、リモコンを外して、ハンドル持って移動して、リモコン取付。

ちょっと不便かもしれません。

90°上に上がってもリモコンは、ヘッドに当たりません。

Whisper Flex Touchの構造上、上に90°ヘッドが動くため、この場所にしかなかったのかもしれませんけどね。

下に付いていると、しゃがんで取る必要があったり、小さい子供が取りやすくなるからかもしれないので、仕方ないのかもしれません。

ハンドルの左右に付けれたらよかったんじゃないかと思っています。

まとめ:duux Whisper Flex Touchレビュー

オランダの空調家電メーカーduuxのWhisper Flex Touchのレビューしました。

Whisper Flex Touchに辿り着く上で検討したメーカーは

  • duux
  • バルミューダ
  • パナソニック
  • 三菱
  • 東芝
  • シャープ
  • 無印良品
  • ドウシシャ

各社公式HPはもちろん、価格.com360.lifeなどのサイトも見て扇風機を探しました。

ボクが、買う決め手となった点は

  • デザイン ←これは外せない!
  • 3D首振機能
  • DCモーターで省エネ
  • 室温センサー搭載
  • 価格が安い

ボクにとって、扇風機は1度買うと長く使う家電なので、慎重に選びました。

他社メーカーの高級扇風機や格安扇風機も、色々検討した中で、1年中使える家電が一番コスパがイイと考えたので、1年中使えるduuxのWhisper Flex Touchがベストチョイスだと思っています。

Whisper Flex Touchには、2つバージョンがあります。

  1. 通常モデル
  2. バッテリー対応モデル

見た目、性能、機能は一緒です。

hiro

価格も一緒です

唯一違う点は、バッテリー対応モデルは、別売りのバッテリーを買うと、電源コード無しで使うことができます!

1日を通して、リビング、風呂場、寝室に持ち運んで使うことが多いとか、キャンプやBBQなど外でも使いたいって考えているならバッテリー対応モデルがオススメです。

下にduuxのWhisper Flex Touchのリンクを貼っておきますので、ぜひチェックしてみてください!

hiro(@hiblonoblog2019)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる