【損失-50万円】解約返戻金公開!学資保険の解約をオススメする理由

学資保険解約

こんにちは!

hiroです。

8年近く支払い続けていた学資保険を解約しました。

15年間支払いつづけ、期間中に死亡・高度障害になった場合、500万円が遺族に支払われると言う終身保険(低解約返戻金型)です。

途中解約すると元本割れするから嫌だなと考えていたため、なかなか解約できずにいました。

そして、2021年5月に解約することを決意しました。

学資保険だけではなく、契約当時、保険の担当者に「お墓代貯金」と言われ、加入した60歳まで支払い続ける終身保険も解約しました。

なぜ、元本割れをしてまでも解約をしたかを解説します。

目次

結論

結論から言うと、学資保険入るくらいなら、インデックス積立投資をすべきです!

もし、人生をやり直せるなら学資保険は契約せず、保険代をすべてインデックス投資に投資します。

もし、これから結婚・出産を控えていて、学資保険に加入しようと考えているなら、証券口座を開設することをオススメします!

学資保険を解約した理由

  • 学資保険は、利回りがかなり低い!定期預金よりマシなくらい
  • インデックス投資のほうが利回りが高い

学資保険を解約した理由

さきほどの理由を解説しますね。

学資保険は、利回りがかなり低い

ボクが契約していた学資保険は、毎月15,640円引き落としで、年間187,640円でした。

積立利率が1.85%(10年ごとに更改)となっていました。

学資保険 解約返戻金
学資保険の積立・返戻金シュミレーション

しかし、返戻率シュミレーションをよく見ると


年間支払うと、総支払額2,815,200円。
15年間支払い完了後、教育資金に充てるために、学資保険を解約して、返ってくるのが2,917,000円。
返戻率は、103%
差額は、101,800円

10万円も増えたじゃん!って思いました?

これを見てください。

楽天証券の投資シュミレーション
利回り1.85%で運用した場合

楽天証券の積立かんたんシミュレーションで、学資保険と同じ条件でシュミレーションしてみました。

結果は、3,241,732円です。

学資保険の返戻金と比べると、その差なんと324,732円です!

これだけで、学資保険に加入する必要はないと思っています。

学資保険は、銀行預金・定期預金・財形貯蓄するよりマシですけどね。

インデックス投資のほうが利回りが高い

インデックス投資は、長期投資であり、福利の力の恩恵を受けれる最高の投資です。

インデックス投資の利回りは、ファンドなどの投資先、期間やその時の経済状況にも寄りますが、20年間の利回りは+6〜17%くらいになるそうです。

お金のバイブルとも言っていい本「お金の大学」を参考にしました。

仮に6%とした場合、15年間インデックス投資をすると

楽天証券で15年間6%で運用した場合
利回り6%で運用した場合

4,548,405円です!

元本2,815,200円から、1,733,205円も増えています!!

支払い額は、学資保険と同じなのに、これだけの差です。

ちなみに、17%だと

利回り17%でのシュミレーション

ヤバいです!!

桁が変わりました!

ほぼ、1千万円増えています!

どっちが子供の教育資金のためになると思いますか?

学資保険解約した返戻金を大公開!

学資保険は、投資信託をしたほうがイイことが、お分かりいただけたことで、ボクが学資保険を解約した返礼金を隠すことなく晒したいと思います。

注目!!

学資保険解約返戻金明細
学資保険の返戻金は下です

学資保険と別の終身保険も解約したので、2列ありますが下が学資保険です。

2013年8月から2021年5月までの、7年と9ヶ月支払い続けた学資保険の返戻金は、951,362円でした。

7年9ヶ月間(93ヶ月)の総支払額は、1,453,420円です!

その差は、503,158円となります。。。

大損失です。

高い勉強代になりました。

もっと早く解約していれば、傷は浅く済みました。

hiro

利率は開示しないのかな?

学資保険解約後から残りの期間を投資信託に回した場合

残りの期間を、投資信託に回した場合のシュミレーションは、1,699,409円となります。

7年3ヶ月間15,640円の総支払額1,360,680円から338,729円増える計算です。

返戻金での損失と合算すると、-164,429円の損失です。

6%だと、まだ損失は大きいですが、利回りが大きくなれば、大きな利益が出て、解約の損失分をチャラにしてくれます。

今回、損失を公開することで学資保険を考え直す人が一人でも多くなることを願っています。

無知は損する保険、お金について、もっと勉強して、判断する必要がある。

学資保険は入るべきではない、今すぐ解約を

学資保険の解約返戻金を晒してしまいました。

まだ、学資保険に加入したいと思いますか?

絶対学資保険には、加入しないことをオススメしますし、今支払いしているなら解約をオススメします。

解約は早いほうが、投資信託に回せるお金も増えるので、学資保険の満期を待つより、福利の力の方が大きいですから。

十数%の利回りなら大きく利益が出ます。

もちろん、投資は元本割れの恐れもありますが、長期投資ならほぼ間違いなく増えると海外、日本の研究でも解明されているようです。

学資保険が支払えるなら、長期投資信託もできます。

投資が分からない、証券口座って何か怖い、不安って考えているなら、楽天証券をオススメします。

投資信託を毎月楽天カードで積み立てることで、楽天ポイントももらえます。

両@リベ大学長の「お金の大学」もオススメします。

お金についての勉強をこの1冊で網羅してるくらい情報量が多いです!

毎日You Tubeでも勉強できるので、ぜひ観てみてください!

学資保険で損をしませんように。

学資保険解約

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる