映画、アニメ、マンガ、ラノベを楽しむなら『U-NEXT』

それ必要??iPad を買う理由を実際買ってみたので解説します。

こんにちは!

hiro(hiblonoblog2019)です。

iPadって中途半端だと思っていませんか?

iPadは、iPhoneを大きくした感じのサイズで、パソコンと同じくらいか一回り小さい画面で見やすいけど、そこまで必要ある?って思っていませんか?

ボクがそう思っていました。

そんなことを思っていたボクが、iPad Air 4を買いました!

2012年にiPadを購入して、徐々に使わなくなり、子供の動画専用機になっていたiPad。

それ以来iPadの必要性が分からなかったボクが、iPad Airを買った理由を解説します

目次

結論

はじめに結論から言ってしまうと、iPadを買って快適さが増しました。

iPad Air (第4世代)64GBを買いましたが、毎日持ち歩いています。

hiro

色はスペースグレイです

以前買った2012年のiPadとは性能が違うだけではなく、機能でも使い勝手が向上しているので、iPad単体だけでなく、MacBookとの連携やApple Pencilが、iPadの役割を高めてくれているからです。

iPad Air 4を買った理由

  • SidecarでMacBook Airのサブディスプレイ
  • Apple Pencilでメモ書き
  • プライムビデオなどの動画視聴
  • Kindleで読書
  • 自宅でブラウジング

上記のことをしたいから、iPadを買いました。

実際使ってみて、やっぱりiPadを買ってよかったと思っています。

買った理由と使ってみての感想をレビューします。

SidecarでMacBook Airのサブディスプレイ

YouTubeやインスタなどでよく見るオシャレなデスクまわりで、MacBook AirやMacBook Proを大型モニターをモニターアームで取り付けて、スッキリとしたデスク環境って見たことないですか?

カッコいいですよね!

憧れます!

しかし、ボクは単身赴任の身。

デスクも格安なのに、モニターは立派なのはいかがなものかと考え、諦めていました。

そんなときに、発見したのが

iPadは、MacBookのサブディスプレイになる機能がある!!

2019年からmacOS Catalinaが登場したときに追加されたSidecarと呼ばれる機能のようです。

Sidecar 
MacBook AirでSidecarを開く

このSidecarを使えば、MacBook Airのサブディスプレイとして、iPadが使える!

モニター買うより、iPadを買ったほうが、サブディスプレイにも使えるし、iPadとして他のことにも使えるし、持ち運びできるし、リセールバリューも良いし、イイことだらけだと思いました。

Sidecarは、ホントに便利です!

MacBook Airで、ブログ記事執筆画面(Google Chrome)、iPadには、記事ネタの資料などの公式HPなどを開いておけるので、作業効率がアップしました。

MacBook Airのシステム環境設定からSidecarを開いて、サブディスプレイにしたいiPadを選ぶだけで、サブディスプレイとして使えます!

MacBook Airがスリーブしてしまっても、再び開くと、iPadもサブディスプレイのまま同時に開いてくれます!

iPad air 4 MacBook Air iphone sidecar
この記事はホテルの部屋で執筆しました

この写真は、ホテルの部屋で撮影したものです。

ホテルで、デュアルモニターで作業ができるのがホントいいです!

ホテルだけではなく、カフェなどでもできるので、MacBookをよく持ち歩くなら、iPadはオススメです!

iPadは、標準設定ではMacBook Airの右にないと、マウスポインターがスムーズに動きません。

Sidecar
ディスプレイの設定でディスプレイ配置を変更できる

左にiPadを置いて使いたいときは、システム環境設定で、ディスプレイを開いて、配置で編集することが出来ます。

iPadをサブディスプレイとして利用できることが、iPadを買った1番の理由です。

Apple Pencilでメモ書き

iPadにしかないものに、Apple Pencilがあります。

Apple Pencilを使いたいなら、iPadが必要。

これは、Apple Pencil買うしかないですよね!

iPadを買った理由の大きな要因にもなっています。

Apple Pencilイイ!って、口コミやレビュー動画で観てはいましたが

Apple Pencil、ホント素晴らしいです!

何がイイのかって、精度が高いので、ホントに紙に書いているように書けます!

文字だけではなく絵も思ったように描けます。

hiro

絵心ないので、載せませんよ!

パームリジェクション機能もあるので、手もディスプレイに置けるのもいいです。

パームリジェクション機能とは、Apple Pencilを使っているときは、ペンだけにしか反応しないので、ディスプレイに直接手を置いても反応しない機能です。

iPad Air 4は、Apple Pencil(第2世代)対応となっています。

Apple PencilをiPad Air 4にくっつけると充電開始

Apple PencilをiPadの側面にマグネットが内蔵されていて、くっつけるとペアリング、充電をしてくれるので、手間暇のかからないiPadの相棒です。

Apple Pencilで、メモ書きとして利用しています。

ブログ記事の構想をまとめる前に、商品に対しての良かった点、悪かった点、機能、特徴をメモに書いていきます。

そのメモを元に、記事の構成を考え、執筆していきます。

頭の中で考えるだけでは忘れてしまうし、書きながら考えていると、途中で良い案が浮かぶとぐちゃぐちゃになってしまうので、最初に構成を考えることが重要なんです。

キーボード入力、フリップ入力、手書きのどれが早いですか?

やっぱ手書きじゃないですか?

iPadがあれば、家でも、職場でも、ホテルでも、飛行機の中でも、メモを取るのは、Apple Pencilで書いたほうが早いんです!

ロック画面でもApple Pencilを画面に当てると、メモが開いて書けるんです。

OS純正のメモアプリは、すぐに共有されるので、iPadで書いたメモがiPhoneやMacBook Airですぐ見れるのも良い点ですね。

Apple Pencilの過放電(バッテリー0%を超えた放電)は、バッテリー性能に影響が出るので、バッテリー残量には注意しましょう。

プライムビデオなどの動画視聴

prime video

AmazonのPrime会員の特典、プライムビデオを利用しています。

皆さんご存知だと思いますが、iPadは、画面が大きいので動画視聴にも向いています。

iPad Air 4は、10.9インチです。

iPhone 12 Pro Maxの6.7インチよりも3倍くらい大きいです。

画面は、Liquid Retinaディスプレイでキレイですし、小さい画面で観るより、大きい画面で観たほうがいいに決まってますよね。

外出先や飛行機や新幹線などでダウンロードしておいた動画を観るならiPadがオススメです。

hiro

家での動画視聴は、テレビになってしまいますけどね

U-NEXT

プライムビデオだけではなく、U-NEXTも利用しています。

プライムビデオでは、観れない映画やアニメを観ています。

iPad Air 4は、ステレオスピーカーになっています。

画面上部、下部にスピーカーがあるので、動画視聴など横向きにすると、ちょうど左右から音が出てくるようになります。

スピーカーは、左右各2箇所あり、まるでスピーカーが4つあるかのようですが、実は2つだけのようです。

iPad Proは、ちゃんとスピーカーが4つ付いています。

実際、iPadのスピーカーで聴いてみると、iPhoneのスピーカーよりも音質がイイし、臨場感も出てきます。

しかし、めちゃ音質がイイと言うわけではないので、ヘッドホンやBluetoothスピーカーに接続して聴きたくなります。

家でのBluetoothスピーカーは、B&O Beosound A1 2nd Genを使い、外出先では、SennheiserのMomentum 3 Wirelessを利用しています。

圧倒的に音質がイイです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる