映画、アニメ、マンガ、ラノベを楽しむなら『U-NEXT』

amazonで購入した格安LEDランタンが優れものだった!

LEDランタン
amazonで購入したLEDランタン

こんにちは!

hiroです。

先日amazonで購入してみた格安LEDランタンがかなり使えるガジェットだったので紹介したいと思います。

目次

その名は「Hallomall キャンプライト」

そのまんまな名前ですよね。

LEDランタン本体に「キャンプライト」、「メイドインチャイナ」とカタカナで書いてあります。

怪しさ満点ですよね(笑)。

特徴

キャンプライトの特徴を、私が買う決め手となった順から紹介していきます。

①コンパクト

今までLEDランタンはジェントスの EX-V777Dを使用していました。ランタンらしい形でLEDという点が良くてキャンプを始めた時期からインナーテント内の照明として活躍していました。

キャンプギアコンパクト化に向けて、よりコンパクトなランタンに変えたいと思い、このキャンプライトに出会いました。

直径約8cm、高さ約6cmなのでジェントスLEDランタンの半分くらいの大きさです。ビール缶の半分くらいの大きさでもあります。(飲みたかっただけです)

LEDランタンとビール
ビール缶と比較

②電球色、昼白色モードが選択できる

コンパクトなのに十分な明るさがあります。点灯は昼白色モードはmiddleーlowーhighーストロボモードーSOS点滅モードがあり、電球色モードはmiddleーlowーhighと様々な点灯モードがあって、キャンプ等のアウトドアだけでなく、被災時や停電時にも活躍してくれます。

LEDランタン
電球色モード(high)
LEDランタン
昼白色モード(high)

フル充電でhighモードは約9時間、middleは30時間、lowは100時間バッテリーが持つそうです。

インナーテントで使用しようと思っていたので十分すぎるくらいの明るさがあります。リビングのサブランタンとしても、夜トイレやお風呂に行くときにも使えますよ。

③乾電池不要、モバイルバッテリーになる

ジェントスのLEDランタンは単1電池3本必要でした。私は、エネループ単3電池に単1電池スペーサーを利用して使っていました。

乾電池を持っていくこと、さらに単1電池と言うのが不満でした。

キャンプライトは内蔵充電池のため、行く前に充電していけばOKです。そしてバッテリーは5200mAhの容量があるので、ランタンとしてだけではなく、スマホなどのモバイルバッテリーとしても使えます。

夜はランタンとして、朝はスマホの充電器としてバッテリーをフル活用できます。

④防塵防水、マグネット内蔵

マグネット付きのLEDランタン
冷蔵庫の扉につけてみました

このランタンは防塵防水機能もあります!

IP65規格(粉塵が内部に侵入しない、φ6.3の放水ノズルから放出される12.5L/minの水流を、あらゆる方向から、外皮表面積1m2あたり1分間、延べ3分間以上の散水を行い、問題ないこと)と記載されています。

キャンプなどアウトドアでは雨になることもあります。防水なら、暴風雨時の幕の点検も出来ちゃいますね。もう二度としたくない経験ですが・・・。

キャンプライトは頭部にある折り畳み式カラビナで吊るすだけでなく、磁石も内蔵されているので鉄部にくっつけることが出来てしまうのです!

写真は冷蔵庫の扉ですが、車のテールゲートの鉄部にくっつけてトランクの荷物を探したり等変わった使い方もできるのが面白いと思いました。

テントの内側から、ポールにくっつけて斜めから照らすことも出来ましたよ。(写真はありません・・・)

まとめ

2千円ちょっとでこんなに多機能なLEDランタンは1つ持っているだけで、様々なシーンで利用できて便利です。

キャンプでのコンパクト化を目指している人、ソロキャンプ、登山キャンプにおすすめな一品だと思います。非常時用の照明が欲しいという人にもオススメです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる